株式会社ヤスナ設計工房

小西 裕太

多くの人の生活を安全で
快適な社会に実現する。

KONISH YUTA
小西 裕太
第二設計部 開発Gr
2021年入社

一図入魂

私達は日々、様々な製品に囲まれて生活をしています。
そしてそれらの製品全ては誰かによって設計されているもの。設計には、使う人の安全性や利便性を想う、製作者の気持ちが込められています。
私が現在手掛けているプラントの設計は、直接誰かの手に触れる身近なものではありません。しかし、安全で快適な生活を送る上では必要不可欠なもの。
自分の仕事が、多くの人の役に立てているという喜びを感じながら働くことができます。とはいっても現状は、まだ入社間もない為、指示されたことをこなすことが精一杯な毎日。
描いた図面の修正点の多さにショックを受けることもありますが、回数を重ねるごとに成長できているという実感が、やりがいに繋がります。また、新しい仕事をする度に新たな刺激や学びがあり、その度に世界が広がっていく楽しさもあります。経験豊富な先輩や上司からアドバイスを受けやすいことで、成長するチャンスが多く、その全てが私の設計者としての栄養になっています。

図面は手紙

設計者としての道を進み始めた私が、新人研修と配属後の実務を通して学んだことがあります。
それは、図面を作成する上で大切なことは、描いた図面には必ず読む人がいることを念頭におくこと。図面を読んで組立をしてくれる人がスムーズに業務を行えるように。
稼働するときに誰も危険な目に合わないように。
さらに、私が今手掛けているプラントの設計は長年にわたり運用するものなので、メンテナンスや点検など、長期的な目線の設計が必要となります。
メンテナンスをする人が点検を行いやすいように、安全で運用しやすいプラントを設計するために、常に相手の立場に立って物事が考えられるような技術者になっていきたいです。
そして次に目指すのは「プラスαの提案ができる設計者」。この製品を使ってよかったと思ってもらえるような設計をすることで社会に貢献し、世界中の安全で快適な暮らしを守っていきたいです。

※社員の所属部署は取材当時のものです

採用情報採用情報
  • リクナビ
  • マイナビ
  • キャリタス就活
  • LINE公式アカウント
PAGE TOP